2025年問題



後期高齢者(75歳)人口が日本国民の1/4にの時代がやってくる

団塊世代(1947-49年生)が
前期高齢者(65-74 歳)→2015年に到達
後期高齢者(75歳)→→→2025年

現在1,500万人程度の後期高齢者人口 → 約2,200万人まで膨れ上がる。

日本国全人口の4人に1人は後期高齢者という超高齢化社会となる。


日本は2005年を折り返し地点として人口減少社会

65歳以上の高齢者数については2040年ごろまで増え続ける。

後期高齢者については2050年ごろまで増加傾向が続く。



社会保障費用の負担が1:2


高齢者(65歳以上)1人に対して生産年齢人口(15~64歳)が何人で負担するか?

  • 「胴上げ型/1965年」高齢者1人に対し生産年齢人口9.1人。

  • 「騎馬戦型/2012年」高齢者1人に対し生産年齢人口2.4人。

  • 「肩車型/2050年」高齢者1人に対し生産年齢人口1.0人。

低い出生率と諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行して年金等厳しい

社会保障費負担の社会到来が予想される。




日本は諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行している