中医学とは



中医学は『自然』と『感性』の医学です。


「陽が昇れば活動し、陽が沈めば休息する。暖かければ綻び、寒ければ塞ぐ。乾けば軽くなり、湿れば重くなる。人類が最も課題とする長寿、老化、病。」

その課題を改善すべく自然の中の『人類のありのまま』を解いたものです。

中医学は〝独自〟の生理観や病理観をもち〝独自〟の診断や利用方法を持つ、ひとつの体系化された伝統的な医学です。その特徴は、病になる前の状態をいち早く察知することを最も優れた医療技術と考え、「病の兆し」を上、「病の初期」を中、「病を発見・治療」を下といい、これらは上・中・下のレベルの医療と考えられています。なぜなら病は、病になってしまうとその回復には大変な時間と労力を要し、回復しないこともあると考えられます。病になることを察知できなかったことを最も問題視するものに対し、現代医学はめざましい進歩を遂げ、様々な治療法、より詳細な検査法が日々発展しています。科学的、物質的な研究によるもの、多くの臨床、多くのデータをもとにその病の原因を追求しています。



中医学と現代医学に足りないもの


中医学に足りないことは、伝統で伝えられてきたまま解釈することです。人類の発展によって、多くの変化がありました。家屋の気密性や季候(温度や湿度)に対する適応力、天変地異に対する耐久性、生活に不可欠な水場の利便性など(トイレは家屋内でも臭わなくなり、火を使うことも安全かつ便利になった)、人々の服装やファッション、食の変化、情報の量や交通の利便性など、2500~3000年前に発祥したとも言われている中医学ですが、人類の様々な発展により目覚ましく変化しました。中医学を現代で実践的に活用するには、発展した現代とどう噛み合わせるかが重要であり、古書にあるままの状態では活用できる所とできない所があることです。


現代医学に足りない点は臨床・研究によって見出すあまりに、結果に対する原因を絞り込み過ぎているところにあるのではないでしょうか。私達は個々に条件が異なります。体質、習慣、性格、食、地域、文化、風土、環境、仕事などです。これらの条件が異なる以上、臨床・研究の中で最も多く出た結果のみを全ての原因と捉えることは、確率は高まりますが、全ての人の原因がこれに当てはまるとは限りません。臨床・研究の結果以外は見向きもしなくなってしまう可能性があるということです。 


現代医学という高い水準まで引き上げてきたものをより活かすには、もしかしたら物質的ではない非物質的で非科学的なものを融合することによって、完成に近づくのかもしれません。中医学では目に見える物質を【陰】、目に見えない非物質を【陽】と捉え、全ての事物はこの陰陽が共なることによって一つのものとなると考えられています。

感覚、感性、生命力、エネルギーによって「病になる前に察知する」ことを最上位と考えることが中医学です。そこに現代医学を融合させることにより、さらに高度な医学になるのではないでしょうか。



限られた「生」という時間


中医学の源となっている医学書『黄帝内経』では、2500~3000年前も、今も同じ不養生が語られています。


「人は酒をまるで水のように飲み、心身にストレスをかけ、酔ったまま房事にのぞみ、精氣や真氣を消耗させ、それを補充することなく、精神を落ち着けずに一時の快楽にまどわされ、長生の楽しみに逆らい、生活に節度がない。故に50歳を過ぎれば衰える。」